下請け企業で働くこと

真面目に生きちゃバカを見る。仕事は給料分だけやればいい。

投稿日:2019年6月21日 更新日:

 

50才男性

「仕事をしっかりやって一人前」

20才女性

「上司の無茶ぶりに悩んでいる」

30才男性

「こんな自分を拾ってくれた会社に恩返しを」

 

shige
仕事に対してそんな情を持つ必要はありません。ヤル気が搾取される時代はもっとドライに働きましょう。 以下その理由です。

真面目に生きちゃバカを見る。仕事は給料分だけやればいい。

誰が一生懸命やるものか!

差し出すリソースが釣り合わない

基本的に雇用形態を問わず従業員は社長のやりたいことを手伝っている身分にすぎません。

それなのに給料と引き換えで自分の体力・時間を差し出し、さらに物事を決める権利もはく奪されています。

あきらかに従業員側の方が差し出すリソースの負担が大きすぎますね。

 

深刻になるだけ無駄です。

社外に出れば「ただのオッサン」

「俺は○○会社の部長だ!」と言ってもその辺を歩いている一般人にしてみれば関係ありません。

「だから何?」と返されてしまいます。定年になれば肩書もなくなります。

 

出世できなくて深刻になるのは無駄です。

 

一般人は大谷翔平より偉い

一般の仕事を「その人にしかできない」という形にしてしまうと、その人が休んだ時会社が回らなくなります。

ひいては世の中の流れも止まってしまいます。だから誰でもできるようにマニュアルを作って交代しながら休んでいきます。

一人当たりの給料は少なくても一人当たりの存在価値は高いのです。

 

逆に芸能人やスポーツ選手の仕事はその人しかできませんが、その人が休んでも世の中の流れは止まりません。

何事もなかったかのように過ぎていきます(ファンの人は困るでしょうが・・・)。どれだけ年俸が高くても

「世の中に絶対に必要な仕事」ではなく、あくまで「娯楽」の域なのです。

非常に高いレベルで二刀流をこなす大谷翔平より、一般の仕事をしている人の方がが尊いのです。

 

「仕事ができない・・・」と悩むだけ無駄です。

 

会社は従業員に思考停止させる雰囲気に満ちている

会社が求めている人材は「安くて、上手くて、YESしか言わない」人です。賢くなってもらっちゃ困るのです。

そのための雰囲気に負けないようにしましょう。

 

 

 

具体例

「家にいてもやることないから働く」

 信じられない感覚。当方はネットサーフィンしているだけであっという間に1日が過ぎていくんですけど。

「社員は長時間働くのが当たり前」

→ それは能率悪いだけ。他人の仕事引き受けても「ありがとう」だけで終わり。実益ほぼなし。

そもそも8時間で終えるのが普通で残業しているのが異常。

「休むなら自分で代わりの人を探しなさい」

→ 人の手配をするのは会社の仕事。手配された人と打ち合わせするのは当方の仕事。「有休はとった者勝ち」様子見をしていたらいつまで経っても休めません。

「コスト意識を持て」

→ 従業員が現場作業に集中できる環境を作るのが会社の仕事。従業員に経営側の仕事を押し付けるな。そもそも過度なコスト意識は品質に問題が出る。

そして人を動かせば対価が発生するという大原則を会社は守る事。

「やる気を出せ」

→ この労働条件じゃやる気は出ません。

効率よくサボる

メリハリをつけて働きましょう

「飲み会・忘年会に参加せよ」

→ オッサン・オバサン達と飲んだり食べたりしてもつまらないので辞退。

「言う事聞かないなら給料下げます」

→ どうぞご自由に。ネットがあれば稼げますから。

そもそも会社の言う事聞いている人だって、売上が悪くなれば給料・ボーナスどちらも下がります。言う事聞くかどうか以前の問題です。

「アットホームな職場です」

→ 経営者と仲のいいグループの人達はそう思うでしょう。でもそう思わない人もたくさんいます。

「業績好調のための増員です」

→ 確かに会社の主力の部署は好調。でも会社内格差を感じています。

ココがポイント

・批判されないやり方=古いやり方=先がない

・どんなに評判良い人も最後は死んでしまう。ある程度ツンとしているぐらいで丁度良い。

・それまで働いてきた人たちが少しずついい所を出し合ってできたのが会社。個別に見れば誰でも嫌な部分はある。

1人で何でもできちゃう賢いロボット、ルンバ

ルンバの様に会社のロボットにならない。私たちは人間なんです。

まとめ

仕事なんてこんなものです。「今の若いモンは」と言われても、今の若い人と昔の若い人に圧倒的な能力差はないと思うので、仕事で深刻になるなんて無駄です。

さっさと帰宅して自分で稼ぎましょう。そして楽しみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shige

名前・・・shige 年齢・・・アラフォー 職業・・・自動車部品加工の町工場勤務 居住・・・愛知県 最終学歴・・・音楽の専門学校中退 目標・・・10年以内に東海道を一息で歩くこと 経歴 もともとはギタリストになりたくて専門学校へ通うが挫折。その後アルバイトと無職の期間を繰り返し35歳にして現在の会社の正社員となる。株式投資自体は20代の半ばにホリエモンの一連の行動で興味を持ち、デイトレを1年やったことが始まり。しかし100万円損をして10年ほど株式投資から遠ざかる。 現在はファンダメンタルズ長期投資にスタイルを変更してポートフォリオ全体でわずかながらプラスの成績を継続中。

おすすめ記事

株式投資関連の記事まとめ 1

「手間のかからない方法で稼ぎたい」 「定年無しで働き続けるのは嫌だ」 それは人間ならまともな感覚だと思います。   これからの日本は確実に働くことへのハードルが上がります。昔と同じ「労働は素 ...

本は最高のフロンティア 2

金融関連の本を中心にした書評のまとめです。 投資法は日進月歩で変化していますが、自分の型を作る上で過去の情報を知ることは絶対に必要だと思います。 まだまだ数が少ないですが、どうか参考にしてみてください ...

多くの人が働いている中小企業の代表格、下請け 3

働き方やその他の記事のまとめです。 以前の日本と比べ労働環境課が悪化する中、日ごろ感じていることを読んで頂いた方の参考になればいいなと思います。 ただ働くだけでなく、自分の考えを持つ必要がある。 &n ...

-下請け企業で働くこと

Copyright© 当方見聞録 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.