株式投資

初心者の株式投資は「実家暮らし」が必須条件。その理由を解説。

投稿日:

誰が何と言おうと最強の実家暮らし

ひとり暮らしに比べたら余裕の実家暮らし

 

「投資資金が全然貯まらない」「ある程度の年齢になったら家を出なければいけない」「頑張ってさえいれば成果は後からついてくる」

そういった考えをお持ちの方こそ投資で成功するための伸びしろがあります。

そもそも「一人暮らししている人は立派」なんて経済を循環させたい上の人たちが考え出した論理です。ひとり暮らしすればそれだけ物が売れますからね。

一方の弱小個人投資家にしてみれば、慣習を踏まえてのひとり暮らしは貧困の道でしかありません。

初心者が株式投資をしたいなら合理的な理由なしに一人暮らしをしてはいけませんよ。

 

以下その理由を説明します。

 

この記事の概要

お金を貯めるなら圧倒的に実家暮らし有利

ひとり暮らしは特別立派ではない

時間・情報面でも実家暮らしの方が良い

 

 

お金

世の中の常識や慣例にとらわれず実家暮らしする

惑わす人がいますからね。要注意です。

投資資金を貯めたくても、ひとり暮らしだととにかく生活の為にお金が出て行って投資どころではありません。

 

例えば毎月の家賃が5万だとしても、ひとり暮らしだと他にも出費があります。

食費

光熱費

雑費(ティッシュペーパー、日曜大工の道具、電球、洗剤など)

駐車場代

実家暮らしならそれらがタダか、もしくは全部ひっくるめて家に入れる5万で済みます。残った自分の給料はすべて自由に使えるので、投資家なら投資の余力資金に当てられます。

聞き手
実家暮らし、職場も近いとなると最強ですよね。
ですね。ズルいなんて言われますけど、どこかのタイミングで今までとは違う事をしないとずっと同じ結果が出ますから
shige

 

 

好景気ならともかく、不景気の昨今にわざわざ自分でやりにくい生活スタイルを選ぶ必要がありません。

不景気にみんなと違う事をするのは怖いので、なかなか挑戦する人はいませんが不景気の時こそ上手くいっていない人はチャンスなんですよ。

 

shige
冒頭でも書いたとおり、世間ではひとり暮らししている人は偉いという風潮があります。この風潮が庶民をますます困窮させる原因になっています。

ひとり暮らししていると経済感覚が身につく

ひとり暮らししていると一般常識が身につく

 

という論理ですが、ひとり暮らしだと逆にダラける場合もあるので生活スタイルの問題じゃありませんね。

 

 

経済感覚は「自分の収入という全体像を把握してどこまで使っても大丈夫かを考える作業」=計画性の事

一般常識は「相手を不快にさせない行動」=ふるまいの事

shige
どちらも周囲の人の影響が大きいです
確かに大企業に入る人は、子供の時から計画性や立ち振る舞いがしっかりしています。周りにいいお手本がいるんでしょうね。
聞き手2
shige
そう思います。生活スタイルの変更は「付き合う人を変えるきっかけ」にすぎないです。

 

以上の様に今の時代ひとり暮らしは不利です。合理的な理由がない限りひとり暮らしは避けた方が安全です。先入観にとらわれないように。

 

時間

お金以外にも無駄な消費の多いひとり暮らし

お金は取り戻せるが時間は取り戻せない。

 

ひとり暮らしだとお金以外にも家事に「時間という資源」を取られてしまいますよね。お金はまた稼げばいいですが、時間だけはどうにもならないのでむしろお金より厳しく考える必要があります。

時間を奪う家事

炊事

買い物

掃除

洗濯

 

炊事

食べる事は毎日ありますからやらないわけにはいきません。アパートの近くにコンビニやスーパーがあれば時間の節約になりますが、自転車や車を使わなきゃいけない距離ならお金以上に無駄がありますよね。

さらに

調理する

盛り付ける

片づける

という手順があります。お金と引き換えに外食すればこれらを省略できますが、しかしそれでは本末転倒。無駄が多いです。

食べるのは一瞬で済む。しかし準備と片付けに時間がかかる。だから実家暮らしが有利。

 

 

掃除

特に風呂・トイレは最低でも2日に一回は掃除しないと便座や浴槽がすぐに汚くなるので、ここでも時間を使ってしまいます。

 

洗濯

アパート暮らしだと夜に洗濯機を回せないので、翌日か休日にまとめ洗いすることになります。その分余計に服を買っておかなければいけないのでこれもお金無駄。精神的にもストレスがたまります。

さらに干した洗濯物を取り込んで、畳むという作業までやると「ひとり暮らしの人はしっかりしている」という論理が、当方にはただの強がりに思えて仕方ないのです。

 

料理研究家や家事のプロになるなら毎日きっちりこなす必要があると思いますが、一般庶民は部屋が散らかっていなければ多少おおざっぱでも全然問題はないと思うのです。あまりに完璧にやると付け入るスキがなくて近寄りがたい人になってしまいます。

 

投資家は投資にエネルギーを注ぐことが大事で、他の事は支障がなければOKです。

 

ちなみにこのブログ記事を書くのにも時間がかかっています。

記事のテーマを設定する

構成を考える

取材・素材を集める

書く

これだけで3日はかかります。当方のライティング能力が上がればもっと早くなりますが今はこれが限界。余計な事をやっている時間はありません。

光陰矢の如しです。多少のひんしゅくは買ってでも目標を見失わずに邁進していく必要があります。

 

情報

 

店、病院などの情報が事前にわかっている

例えば、最近では本を買う時ネット通販を利用することが増えました。それでもリアルの店舗の方が本の並びでその時のトレンドがわかりますし、立ち読みしている時の方が集中力が上がるので本に引き込まれる度合いが強くなります。だからリアルの店舗から受ける影響は大事だと思うのです。

実家暮らしなら地元のどこにどういう雰囲気の本屋があるかわかるのでストレスは少ないですよね。

 

病院探しもそうです。

病院探しは先生との相性の問題が大きい。実家暮らしなら「この病院の先生はこういう性格」という情報が事前にわかっているので改めて病院を探す手間が省けます。大病院ならネットの口コミを見れば評判がわかります。

しかし町医者だとネットの口コミ自体が少ないので自分で実際に診療を受けるか、誰かほかの人から診療の様子を聞くしか方法がありません。それって随分無駄が多いですよね。

普段は感じませんがひとり暮らしは地域の人とのつながりが薄くなるので、その点でのストレスは大きいのではないでしょうか?

かかりつけの医者ができるまでの負担を考えると、特に大きな理由もなしに、実家暮らしを手放す理由はありません。

 

できるだけ「居抜き」で暮らす

わざわざ手放す必要はない自分の資源

今自分が持っているリソース(資源)をうまく使う

用語解説

居抜き・・・不動産用語で、以前住んでいた人が使っていた設備や内装をそのまま使う事

 

聞き手
でも、実家暮らしって肩身が狭いじゃないですか?
そんなことありません。よく考えてみてください。昔の日本は長男が家に残って跡を継いでいたんですよ。だから「いい年して実家に居るなんて・・・」という考え自体がおかしいのです。
shige

 

親の方としても年金が少なくなっても子供が同居していればお金の心配はないですし、子供ができないこと(宅配の受け取りや町内会のつきあい)など代わりにやってあげればいいんですよ。それに相続の事を踏まえると、むしろ実家に居る人の方が将来を真剣に考えているんじゃないかと思います。

 

 

shige
実家で暮らすっていわば、「居抜き」です。親や地元の人が残した資源を有効活用している状態で、生活のハードルがその分下がります。

 

一方ひとり暮らしはいったん自分が持っている資源を捨てて、ゼロからやり直すことを意味しています。これがどうしてスタンダードになっているのか、実家暮らしの人がどうして肩身の狭い思いをしなきゃいけないのかが当方にはわかりません。やっぱり「経済を循環させる為」にひとり暮らしは立派と言う事にして、家とか車とか物を売っていくという考えなんでしょうか。

 

まとめ

ポイント

お金を貯めるなら圧倒的に実家暮らし有利

ひとり暮らしは特別立派ではない

時間・情報面でも実家暮らしの方が良い

お金って使わなければ自然と貯まっていくものです。だけど、メディアは庶民にいかにお金を使わせるかという手法に溢れています。「みんなと同じじゃなきゃダメな奴だ」とね。だから自分がどれだけ先入観に基づいて考えているかを感じなきゃいけません。

 

株式投資って普段の性格がそのまま出ると思っているので、これを機会に皆さんも自らを振り返ってみてください。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shige

名前・・・shige 年齢・・・アラフォー 職業・・・自動車部品加工の町工場勤務 居住・・・愛知県 最終学歴・・・音楽の専門学校中退 目標・・・10年以内に東海道を一息で歩くこと 経歴 もともとはギタリストになりたくて専門学校へ通うが挫折。その後アルバイトと無職の期間を繰り返し35歳にして現在の会社の正社員となる。株式投資自体は20代の半ばにホリエモンの一連の行動で興味を持ち、デイトレを1年やったことが始まり。しかし100万円損をして10年ほど株式投資から遠ざかる。 現在はファンダメンタルズ長期投資にスタイルを変更してポートフォリオ全体でわずかながらプラスの成績を継続中。

おすすめ記事

株式投資関連の記事まとめ 1

「手間のかからない方法で稼ぎたい」 「定年無しで働き続けるのは嫌だ」 それは人間ならまともな感覚だと思います。   これからの日本は確実に働くことへのハードルが上がります。昔と同じ「労働は素 ...

本は最高のフロンティア 2

金融関連の本を中心にした書評のまとめです。 投資法は日進月歩で変化していますが、自分の型を作る上で過去の情報を知ることは絶対に必要だと思います。 まだまだ数が少ないですが、どうか参考にしてみてください ...

多くの人が働いている中小企業の代表格、下請け 3

働き方やその他の記事のまとめです。 以前の日本と比べ労働環境課が悪化する中、日ごろ感じていることを読んで頂いた方の参考になればいいなと思います。 ただ働くだけでなく、自分の考えを持つ必要がある。 &n ...

-株式投資

Copyright© 当方見聞録 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.